ジャンガリアンハムスターの飼い方を研究・紹介するサイト。食べ物、住居環境、掃除、病気・怪我の予防などを詳しく掲載しています。

喘息があるのでアナフィラキシーショックが心配2008年

 ハムスターを飼う上で・・・不安なことが一つあります。よろしいでしょうか?
 ハムちゃんにかまれ、血が出たときに希にある『アナフィラキシーショック』。
 今、私は、喘息中。ぜえぜえしています。
 春休み(22日〜)にハムを買ってくれる母が、
「だって、死亡した人いるじゃない・・・」
 と・・・でも母は、
「ずっと研究してたもんね。考えさせてよ。」
 と・・・う〜む・・・『アナフィラキーショック』、・・・うーむ・・・喘息とか、ずっと前おこってたけど、そんなに喘息がきけんなんでしょうか?
 うーむ・・・ストレス解消のため、ハムちゃんを飼いたいのに・・・ふーむ・・・

●答え●

 アナフィラキシーとは、ハチ毒や食物、薬物等が原因で起こる、急性アレルギー反応のひとつです。
 じんましんや紅潮等の皮膚症状や、ときに呼吸困難、めまい、意識障害等の症状を伴うことがあります。血圧低下等の血液循環の異常が急激にあらわれるとショック症状を引き起こし、生命をおびやかすような危険な状態に陥ってしまうこともあります。

 ハムスターに噛まれた際にも、アナフィラキシーショックが起こることがあります。しかし、可能性は極端に低く、ほとんどの場合は、考えなくても良い心配なのですが……

 過去に喘息や皮膚炎、湿疹などのアレルギーを起こした事のある人は、アナフィラキシーショックになる危険性があり、注意が必要です。

 もし、噛まれた後、数分〜数時間のうちに身体に次のような変化があったら、アナフィラキシーショックの可能性があります。

 顔が赤く熱くなる、皮膚がかゆい、蕁麻疹がでる、唇や舌・手足がしびれる、くしゃみ・咳がでる、気分が悪い、心臓がドキドキする、冷や汗が出る、喉が詰まる、息が苦しい、目の前が暗くなる、気が遠くなる。

 こうした症状があった場合は、すぐに救急車を呼んで、病院を受診する必要があります。
 ただ、ほどんどの場合は軽い症状です。
 死に到るこようなことは、天文学的な低確率で、まず起こり得ないと言われています。
 ただ、喘息やアレルギー体質の方の場合、こうした危険や不安は常に付きまとうことになりますよね。

 もし、どうしてもハムスターを飼いたいのであれば、人を噛む心配の少ないロボロフスキーが良いと思います。

 ジャンガリアンは、人を恐れないため、噛んでくることが多いと言われています。
 実際に私も何度か噛まれました。

 しかし、ロボロフスキーは、恐怖を感じた際に、噛むより逃げることを優先するために、まず噛まれません。
 手渡しで餌をあげる際に、餌と間違われてガブっとやられたことがあるくらいです。
 餌を手渡しであげないようにしたり、軍手をつけて行えば、まず問題ないでしょう。

●質問・意見を募集します。
 質問はこちらの掲示板よりどうぞ。
 また、寄せられた質問に対する「私はこう考える、こうしている」などの意見も募集します。