ジャンガリアンハムスターの飼い方を研究・紹介するサイト。食べ物、住居環境、掃除、病気・怪我の予防などを詳しく掲載しています。

怒りんぼな子を手で持つことはできる?2008年

 ハムの名前、プリン♀。
 飼ってから3週間と4日。
 私の、プリンは、よく怒るんですが、そうゆう子でも、手で持つことはできますか?

●答え●

 時間をかけて慣らせば手で持つことができます|・ω・)ノ

 ハムスターを飼い始めたばかりのころは、かわいいので、ついつい構ってしまいたくなりますよね。
 でも、ハムスターにとっては、いきなり知らない場所に連れて来られて、自分より何十倍も巨大な生き物に身体を触られるというのは、不安を感じるものです。
 焦って無理に手で掴んでしまおうとしては、いけません。嫌われてしまいます。

 もし、手で持とうとすると、怒るということであれば、しばらくは構わないようにして、安心させてあげましょう。これぞ、必殺『なにもしない作戦』です。
( ̄ー ̄)v ブイ!

 ハムスターは自然界では食べられてしまう側の弱い生き物であり、群れを作らない単独生活者なので、本来、スキンシップには向かない動物なのです。
 身体をいじられたりすると、彼らはストレスを感じてしまいます。
 幼い子供が限度を知らずに構い過ぎたために、拷問死させてしまう場合もあります。

 しかし、頭の良い動物なので、毎日、ただ餌をあげているだけでも、この人は敵じゃないと思ってくれるので、徐々に懐いてくれます。
 慣れてきたら、今度は手渡しで餌をあげるようにしてください。
 やがて、ケージの中に手を入れただけでも、喜んで近づいてくるようになります。

 そうしたら、最後に手の平に餌を乗っけて、その上に取りに来てもらいます。
 うまく手の上で食事をしてくれたら、手乗りハム完成です。

 ハムちゃんと遊ぶ場合は、昼間は寝ているので避けて、夕方以降にしてください。
 慣れていない時に、寝ているところを起こされると怒る場合があります。
 また、怒りやすいということは、なにかしら、ストレスを感じるような状況にあるのかも知れません。
 テレビの騒音だったり、猫の気配だったり、ケージ内の環境だったり、もし思い当たる点があるのなら改善しましょう。

 最後に、人間にも個性があるように、ハムスターにも個性があります。
 人懐っこい子もいれば、極度に臆病だったり、怒りんぼな子もいます。

 哺乳類くらいの高等生物になると、生まれ持った性質というのを持っているのですね。
 なので、いくら努力しても、人間を嫌がる場合が稀にあります。
 そういった場合は、残念ですが、無理に懐かせようとはしないで、あきらめてください。

●質問・意見を募集します。
 質問はこちらの掲示板よりどうぞ。
 また、寄せられた質問に対する「私はこう考える、こうしている」などの意見も募集します。