ジャンガリアンハムスターの飼い方を研究・紹介するサイト。食べ物、住居環境、掃除、病気・怪我の予防などを詳しく掲載しています。

足の欠けた赤ちゃんは別居させるべき?2008年

 質問ですが 生まれた赤ちゃんハムが自分で餌を食べるようになったので、赤ちゃんを見てみたところ、一匹だけ左後ろ足がありませんでした。
 障害、もしくは子食い? でなってしまったのだと思うのですが、そのようなハムちゃんは、親離れしてから他のハムちゃんとは一緒のケージに入れるのではなく、別々にした方がよいのでしょうか? すごく心配です。
 回答よろしくお願いします。

●答え●

 かわいそうな子ですね(ノд・。) グスン

 生後一ヵ月くらいまでは、まだ子ハムたちには縄張り意識がないので、喧嘩する心配はないのですが、一ヵ月以上経ったら、すべての子を別々のケージで飼いましょう。(^-^*)/

 もし、できない場合は、里子に出してあげてください。
 ハムスターは単独生活する生き物なので、一つのケージで複数飼育をしていると、必ず喧嘩します。
 特にジャンガリアンハムスターは、共食いする傾向があるので、弱い子が食べられてしまう危険があります。
(動物性タンパク質を十分に与えていれば、ある程度、共食いは防げます)

 実は、恐ろしいことに、ハムスターの世界にもいじめがあるのです。
 いじめの標的にされるのは、力の弱い子です。

L(゚□゚)」オーマイガ!

 私は複数飼育が可能と言われているロボロフスキーハムスターを同じケージで二匹飼っていたのですが、いつも強い子が弱い子を追いかけまわして、噛むということを繰り返していました。
 子供の頃は仲が良かったのですが、成長するに従って喧嘩することが多くなり、最後は、ほとんど一方的な攻撃と化してしまったので、別居させました。

 ジャンガリアンハムスターの場合だと、もっと悲惨な状況になることが心配されます。
 特に、足が欠けているような障害を負った子は、最初に集中攻撃を受けてしまう可能性があります。

 なるべく早く、別居させてあげた方が、その子の幸せだと思います。
v(・_・) ブイッ

●質問・意見を募集します。
 質問はこちらの掲示板よりどうぞ。
 また、寄せられた質問に対する「私はこう考える、こうしている」などの意見も募集します。