ジャンガリアンハムスターの飼い方を研究・紹介するサイト。食べ物、住居環境、掃除、病気・怪我の予防などを詳しく掲載しています。

餌を食べすぎるのはストレスが原因?2008年

 今ハムちゃんを飼っています。
 母の親友から貰ったハムちゃんなのですが、最初のうちに触ったせいか、凄い食べるんです。 最初のうちは「よく食べるな〜」ってたっぷりあった、餌が空っぽです
(__;)

 このHPを見たらストレスも肥満の原因になると。そのストレスをまだ溜め込んでるせいか、とっても心配です……
 すみません教えてください。

●答え●

 こんにちは(^^)

 ストレスも肥満の原因になります。

 動物は外敵から身を守るために、自然とスマートな標準体型を保つように食事量を調節しています。
 もし、太り過ぎたりしていて、動きが鈍くなると、致命的になるのです。
 しかし、ストレスが加わると、このメカニズムが狂ってしまうらしいのです。このため必要以上に食べすぎて太ることになります。
(ペットは運動しにくい狭い場所、豊富な餌、外敵のいない安心できる環境の三拍子のせいで、もともと太りやすい傾向があります)

 人間もストレス解消のために食べすぎてしまう人がいますが、これに似ていると思います。
 食べることはストレス解消につながるのですね。

 また、ハムスターは、油断するとすぐに太る生物です。
 あっという間におまんじゅうみたいな弛んだ体型になって、チョロチョロではなくドスドス歩くようになります。

 餌の量は体重の5〜10%が目安です。

 ジャンガリアンの場合は、ペレット3〜4グラム。水5〜8グラムぐらいあげるのが適量となります。
 その子の運動量や体格によってもあげる餌の量というのは変わってくるので、適量を必ず守らなければならない訳ではないのですが、もし、あげすぎていると思うのであれば、あげる餌の量を少なくして、肥満を防止してください。

 餌を欲しがると、ついつい与えてしまいがちになりますが、ここは心を鬼にして、餌を与えすぎないようにしてください。
 肥満になるとダイエットはかなり大変になります。

●質問・意見を募集します。
 質問はこちらの掲示板よりどうぞ。
 また、寄せられた質問に対する「私はこう考える、こうしている」などの意見も募集します。