ジャンガリアンハムスターの飼い方を研究・紹介するサイト。食べ物、住居環境、掃除、病気・怪我の予防などを詳しく掲載しています。

電車で行ったので大変だったの巻2007年12月

「帰りはお車ですか?」と、最後にペットショップの店員さんに当り前のように聞かれました。

 いや、まあ、そうですね。
 なにしろ、荷物が両手で抱えるほど、大量でしたから・・・
 まさか、初期投資として、これほどいろいろなものが必要になるとは思いませんでした。
 しかし、私は車を持っておらず、一時間半ほどかけて、電車でえんやこら、やってきたのです。

 帰りは、荷物が大量すぎて、非常に疲れました(;´Д`)

 もっとも運ぶのに苦労したのは、床材として勧められたこちら。
 『木の精』 です。
 ペットショップの中でもハムスターの飼育用に使われていたので、これは役立つだろうと思いました。

 しかし、これ、写真を見ていただければ予想がつくと思いますが・・・
 とてつもなく重いです。
Σ(ノ°▽°)ノハウッ!

 まるで、工事現場で使う土嚢でも運んでいるかのような心境で、休み休み歩いて、家に帰りました。
 腕が千切れそうに痛くなり、冬の夜だというのに、汗が出るほどでした。
 いい運動になっちゃいました|・ω・)ノ

 床材を買う時は、通販か、車を使わないとダメですね。

 「店員さんが、帰りはお車ですか?」と聞いた意味が、良くわかりました。
 ハムスターの入っている紙箱も持っていたので、ハムちゃんに負担をかけないように気を使うのも大変でした(;´Д`)

 やっとの思いで家に着いてから、すぐにケージを組み立て、床材を敷き、砂のお風呂や、回し車、かじり木などを設置して、ハムちゃんを中に入れました。
 荷物の運搬だけで、体力を使い果たしていたので、一息つきたかったのですが、さすがに、

ペットショップで渡されたハムスターが入れられた箱

 この箱の中にいつまでも閉じ込めておくのは、かわいそうですからね。( ̄O ̄;)
 空気穴もないので、マジで窒息しそうです。
 そこまでいかないにしても、ペットショップの店員さんによると、ハムスターもストレスを感じるそうなので、長時間を閉じ込めておくと、健康に悪影響があるでしょう。

 今度、もしハムスターを買いに行くことがあったら、専用のキャリーケースを用意して、運んだ方が良いと思いました。