ジャンガリアンハムスターの飼い方を研究・紹介するサイト。食べ物、住居環境、掃除、病気・怪我の予防などを詳しく掲載しています。

ほお袋の中身をぶちまけるの巻2008年01月

 ペットショップで初めて、ハムちゃんを買った時、私が選んだハムちゃんを店員さんがプラケースに移し替える際に、驚いたのか、頬袋の中身をぶちまけていました。

 バラバラっと、ひまわりの種やら、穀物やらが、口の中から大量に出てきたので驚きました。
(°m°;) アレマッ!

 ほお袋に食べ物をため込むリスと同じ習性があることを、この時、初めて知りました。
 いやー、しかし、こんなにため込むものなのですね。

 やがて、時は流れて、ハムちゃんが家にやってきて6日目のこと・・・
 そろそろケージが汚れてきたので、大掃除をしようと思いました。
 まだ慣れていないので、ハムちゃんは手で捕まえようとすると、嫌がって、ケージの中を逃げまくりました。
 ごめんなりね。ヾ(;´▽`A``

 ハムちゃんを捕まえると、キーと鳴いて嫌がり、暴れましたが、すばやく、一時退去場である専用のキャリーケースに入れました。
 すると、初めて会った時と同じように、頬袋の中身を吐き出し、朝に与えたペレットを、ケースの床に散乱させました。
 あらら、もったいないなぁ。

 どうやら、ハムちゃんは、ストレスを感じたり、怖い思いをすると、ほお袋の中身を吐き出すようです。(`・ω・´)

 自然界においては、ハムスターは肉食獣や猛禽類に捕食される弱い立場の動物です。
 外敵から襲われた際に、すばやく逃げることができるように、ほお袋の中身を吐き出して、身体を身軽にする習性があるのだとか。

 要するに、ハムちゃんが、ほお袋の中身を吐き出すのは、怖いから逃げ出したいと思っているサインなのですね。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

 という訳で、怖い思いをさせてしまったなぁと、反省です。
(;´Д`)


関連情報