ジャンガリアンハムスターの飼い方を研究・紹介するサイト。食べ物、住居環境、掃除、病気・怪我の予防などを詳しく掲載しています。

水槽型ケージにお引っ越しの巻2008年01月

 ハムちゃんを飼い始めてから、本やインターネットでハムスターの飼育方法を調べたところ、そこのことごとくが、

 金網型ケージは大変危険!

 ということを警告していました( ̄◇ ̄;) ハゥー
 そんなことも知らずに最初は金網型ケージを買ってしまった私。

 金網型ケージは、金網をハムちゃんが齧ってしまい、歯が欠けたり、不正咬合になる可能性。
 うんていをして落っこちて怪我をする可能性など、さまざまな危険があることを、後になって知りました。
 事前に調べておけばよかったと、激しく後悔ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

 実際に、ハムちゃんは金網を毎日、ガジガジ齧って、いつ歯が欠けるかと、気が気じゃありませんでした。
 また、いつも砕けた床材の屑をケージの周りにまき散らすので、掃除も大変でした。
 その上、私の使っていた金網型ケージは狭かったので、ハムちゃんはぶくぶく太るなど、さまざまな弊害が・・・

 そこで、思い切って5000円ほどの水槽をネットで注文して、お引っ越しをしました。

ハムスターの水槽型ケージ

 こんな感じですね。
 環境が激変したので、ハムちゃんは、最初、ケージ内を物珍しそうに動き回っていました。
 でも一日経つと、すっかり慣れてしまったようで、リラックスして寝ています。適応力が高いです。

 水槽型ケージになって、上であげた金網ケージの3つのデメリットは、ことごとく解消されました。
\(^ ^)/ バンザーイ

 運動不足が解消されて、肥満が解消されたのが特にうれしかったですね。
 このまま太っていったら、やばい状況になると不安だったので……
 ケージが広くなっただけでなく、回し車も使いやすい大きめの物に買いなおしたのも良かったのだと思います。

 前の回し車は、ケージの付属品で、うちのハムちゃんにとっては、やや小さく、背中を丸めて窮屈そうに走っていました。
 今は、快適に回し車で運動しています。


関連情報