ジャンガリアンハムスターの飼い方を研究・紹介するサイト。食べ物、住居環境、掃除、病気・怪我の予防などを詳しく掲載しています。

実家で脱走してしまうの巻2008年02月

 実家にハムちゃんを連れてきた時、脱走されてしまいました|・ω・)ノ
 この時、実は、ケージの代わりに発泡スチロールの箱を使ったのです。
 中には新聞紙を三段重ねにして敷きました。

発泡スチロールの箱に入ったジャンガリアンハムスター

 ハムちゃんは、一枚目の新聞紙をめくって、良くその中に潜り込んでいました。
 さらに野生の本能で、穴を掘ろうと手足を動かして、そのたびに、スバビュビュビュ!
 と、爪が新聞紙の上を滑るすごい音を出していました。(°д°;;) ナント!
 でもハムスターの手足では、新聞紙を破いて掘ることはできないようです。傷一つ付きませんでした。

 しかし、ハムちゃんは掘れないというのがわからないらしく、実家に滞在した三日間、ずっと同じことを繰り返していました。
 おそらく、知らない環境に来たストレスから、穴を掘ってその中に逃げ込もうとしていたのでしょう。

 やがて、明日の朝帰るという二日目の夜……
 夕ご飯を食べ終わって、さあハムちゃんにもご飯をあげるかと、箱の中を覗いてみると、どこにもいません。
ヽ(・_・;)ノ ドッヒャー

 慌てて、中を調べてみると、壁のコーナーの一角に削ったような跡がありました。
 しかも、その上端は喰い破られ、蓋との間に小さな隙間ができており、そこから外に出てしまったようです。

 ビックリ仰天して、弟と二人で、ハムちゃんを捜索しました。
 懐中電灯を使って、机の隙間などのも物影を探していくと、約20分後に発見!
 喜んだのも束の間、捕まえようとすると、すばやい動きで逃げて、手の届かない位置に隠れてしまいました。
(⊃_⊂) ガーン

 そこで、底が長く、入口の狭いコップを用意して、その中に餌であるペレットを入れました。
 ハムスターは狭い場所に潜り込もうとする習性があります。
 コップのような物の中には入りやすいです。
 そこに餌を入れておけば、十中八九、この中に入ってくるでしょう。
 これを罠にして、捕まえようという作戦です。

 弟が、ハムちゃんの隠れた机の裏を、拳でドンドンと叩いて音を出しました。
 他の出入り口は塞いでおいたので、驚いたハムちゃんが出てくるとしたら、一か所しかありません。
 そこにコップを構えておいて、中に入った瞬間、すばやく持ち上げて捕獲しました。

 脱走した時はどうなることかと思いましたが、捕まえることができてよかったです。
ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

今回のポイント
・ケージの代わりに発泡スチロールなど、食い破られる可能性のある箱は使用しない。

関連情報