ハムスターの飼育方法

トイレの覚えさせ方

 ハムスターのオシッコが染み込んだ床材や糞を、トイレの中に入れておきます。
 こうすると、そこでオシッコをしてくれるようになります。

 または、しばらくトイレを設置せずに自由にさせておきます。
 すると、だいたい決まった場所でオシッコをするようになりますので、そこにトイレを設置します。

 このどちらかの方法が、基本的なトイレの覚えさせ方です。

●トイレの設置場所・形

 ケージ内のハウスから、遠い場所にトイレを設置します。

 ハムスターは清潔好きで、なるべく寝室から遠い一定の場所でトイレをする習性があります。
 ハウスから遠いケージの隅にトイレを設置して、オシッコが染み込んだ床材を入れておくだけで、トイレで尿を足すようになる場合もあります。

 トイレはケージの隅っこに配置するので、三角コーナータイプの物がベストです。

 ただし、ケージが広すぎる場合には、あまり隅っこに配置すると、そこまで行ってくれません。

●トイレは屋根付きの物がベスト

 トイレは屋根があるタイプの方が、狭いところを好むハムスターの習性にマッチします。安心できるので、トイレとして使ってもらいやすくなります。

●ウンチは決まった場所でしない

 オシッコは決まった場所でしてくれますが、ウンチは決まった場所でしてくれません。

 ただ、眠る場所となるハウスの中で、ウンチをたくさんする傾向があります。
 このため、ハウスの中を定期的に掃除するようにすると良いです。
 私の場合、ハウスが第二のトイレ状態になっています。

●トレイを覚えない場合は

 トイレはなかなか覚えてくれないので、根気が必要です。
 どうしても覚えてくれなかったら、あきらめましょう。
 あまり無理に教え込もうとすると、ストレスになってしまいます。

 私の場合は、トイレをなかなか覚えてくれずに、二カ所でオシッコをするようになってしまったので、トイレを思い切って二つにしてしまいました。
 こうすることによって、ジャンガリアンの強烈なオシッコの臭いから解放されました。
 複数の場所をトイレにしてしまう、という方法も有りです。

●関連情報