ハムスターの飼育方法

ハムスターの持ち方

 声をかけて、ハムスターにこちらの存在を気付かせます。そして、

 ハムスターの前方から、両手で身体を左右からすくうように持ち上げます。
 その後は、両手で軽く包むように保持します。

 ハムスターを持つ時は、床に座って低い姿勢で行うようにしてください。
 人間が立って歩く高さは、ハムスターにとっては致命的な高所です。
 彼らは木登りするような習性がないので、高いところから落ちた時に、受け身を取ることができません。

 どんなに慣れているハムスターでも手の中で動こうとしますので、落っことして怪我をさせてしまうことがあります。

 特に慣れてないうちは、嫌がって逃げようとするので危険です。
 もし、ハムスターを別の場所に移動させるために持つのであれば、プラケースやキャリーケースの中といった安全な場所に入れて運んだ方が良いです。

●コップを使った持ち方

 掃除の時や病院に連れていく時など、どうしてもハムスターをケージから移動させたい時に重宝するやり方です。まだ人間に慣れていなかったり、興奮して怒っているため、手に持たせてくれない時に使ってみてください。

 これには細くて高さのあるコップがおすすめです!
 ハムスターは狭いところに好んで入る習性がある上、高さがあれば、よじ登ってくることも防げます。

 これをハムちゃんの目の前に、口を前にして置きます。
 興味を持って中に入ってくれたら、そのままコップごと持ち上げて、すばやくプラケースの中などに移してしまいます。
 興味を持ってくれないようでしたら、片手でカップを持ち、反対の手で背後からハムスターを追い込んで中に入れます。
 餌をカップの中に入れて釣るのも良いです。

 または、ハウスの中に入っているハムスターを、そのままハウスごとプラケースの中に移動させてしまうという手も使えます。

 ハウスの屋根が外れるタイプのものだと、移動させたハムスターを取り出すのに便利です。

天井の取り外しができるハムスターハウス

●悪い持ち方

 上から鷲掴みにして持とうとしてはいけません。

 ハムスターは自然界では、猛禽類に襲われる捕食対象の動物です。
 本能的に頭上から近づいてくるモノに対して、恐怖を覚えます。
 そのため、ビックリして手を噛んでくることもあります。

 飼い主に慣れていないハムスターをこの方法で掴むと、猛禽類に捕まったのと同じ恐怖を感じて、必死に逃げようとして暴れるので危険です。